電磁波センシング

電磁波センシング

電磁センシングは、取り付けられたチャイルドシートが装着されているのか、またその場合はその向きを検出するため、プリントアンテナとオブジェクト(共振器を介して)間の通信で構成されています。

「非接触型」の検出に基づき、電磁センシングを他の乗員検知および分類の製品に追加することが非常に簡単です。

この技術は主に自動車産業向けのチャイルドシートが装着されているか、及びその向きの検出(CPOD)のソリューションのため使用されます。

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more