ヴィタセンス

VitaSense

ラジオベースで乗員を検知する技術

子供が座っているチャイルドシートの席にエアバッグを活性化させないことの重要性の意識は1990年代以降大幅に増加しており、その結果、何百人もの子供の命が救われています。

あまり知られていないのは、1990年以降米国だけでも、750人もの子供が車両内熱中症で死亡しているということです。この問題は米国特有のものではありません- 他国でもこのような問題が報告されています。

悲しいことに、この状況は誰にでも起こりうることです。特に子供が後部座席の視野範囲外にいるときです。両親間の間でどちらが子供を降車させるか誤解が生じていたりする場合や、子供が施錠されていない車に乗り込んでしまい、周囲の人間がそれに気がつかない場合など、全ては日常の日課での変化にかかっており、両親や介護士を困らせている問題です。

車内の温度は15分程度に危険なレベルに達してしまい、子供は大人より熱中症の影響を受けるのが早いため、死に至ってしまいます。

VitaSenseは、車内に残された子供を検出し、車の警報システムにこの情報を提供するシステムです。車内にいる人が寝ているときでも、動きや呼吸に基づいて新生児を含む乗員を検地することができます。

盗難警報や自動ドアと同様の24 GHzの低電力無線技術を使用して、VitaSenseは、乗員や物体から検知された信号を送信します。それらの動きにより送られる信号が異なるため、システムは、車内の人間と無生物とを区別することができます。

詳細について...

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more