シートベルトリマインダー

シートベルトリマインダー - SBR

シートベルトの使用頻度量を増加させる効果的な方法

当社のシートベルトリマインダー(SBR)センサーマットは、助手席と後部座席の乗員を検知します。この情報は、シートベルトを着用していない乗員にシートベルトを着用するよう警告ライトおよび音でリマインドするために車両内のシートベルトリマインダーシステムにより使用されます。

インストールシートベルトリマインダーは、欧州、日本、オーストラリア、中国、ラテンアメリカ、ASEANと韓国のNCAPSによって現在授与されている車両のNCAPのスター評価にプラスの効果を与えるできます。近々発表されるBharat NCAP(インド)もSBRのインセンティブを提供することが期待されます。

IEEはこれらを提供しています:

  • A面SBRセンサーは、シートクッションのフォーム上に取り付けられています;シートヒーターとシートトリムの下
  • B面SBRセンサーは、シート構造の上、シートクッションフォームの下に取り付けられています
  • 後部座席の場合はエアバッグコントロールユニット(ACU)へのシングルローカルインターコネクトネットワーク(LIN)を介してSBRとバックルスイッチスターテスを通信するためのオプションのインターフェースボックス

衝突が発生した場合には、シートベルトを着用することで、前席の乗員は乗用車で45%、軽トラックで60%も致命的な損傷のリスクを減らすことができます。 SBRのおかげでシートベルトを着用するようになった乗員の80%を考慮すると、自動車事故で死亡または負傷を防ぐ最も効果的な方法の一つだと言えます。

詳細について...

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more