ハンズオフ検出

ハンズオフ検出- HOD

ハンドル上のドライバーの手のオン/オフの検出

自動車業界の現在の主流は、多くの先進運転支援システム(ADAS)を提供している自動車メーカーの自律走行です。しかし、ウィーン条約によって、ドライバーは常に自動車をコントロールしておく必要があります。

一般的に、ドライバーがハンドルに手をお置いていて、手がハンドルの動きを追っている場合、ドライバーが自動車をのコントロールしていると仮定されます。

この問題に対処するために、IEEはハンズオフ検出(HOD)を開発し、ハンドル(アンテナ)と車体やシートフレームなどの電気接地の導電層の間の静電容量を計測するセンシングシステムを開発しました。

HODはADASのインプットを提供し、ドライバーがハンドルを手で握っているかどうかを100ミリ秒未満で計測し、通知します。

HODは、その順次プロセスを使用すれば、どんなハンドル供給業者によっても実施することができ、またハンドルヒーターと組み合わせることも可能です。

将来の自律走行機能を持つ自動車では、HODは手動および自動運転モード間の遷移を監視する際に主要な役割を果たすことが期待されています。

詳細について...

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more