ドライバの存在検知

ドライバの存在検知 - DPD

ドライバーの存在を確実に検出

現代の乗用車と商用車におけるドライバのサポートと高度な支援システムの数は着実に増加しています。これらのサポートシステムは、多くの場合、ドライバーの存在の正確な情報を必要とします。多くの場合、不正確な二次信号情報は(例:ドアやバックルスイッチ)ドライバーが存在するか否かを検出するために使用され、それにより意図せずに車両が動作してしまったり、重大な安全上のリスクを引き起こす可能性もあります。

我々のDPDは、運転席に人が座っているのかを監視する感圧センサーです。運転手の存在についてのこの正確な情報は、さまざまなドライバー支援や次のようなサポートシステムに有益です:

  • 半自律走行機能が活性化時にドライバーの存在を確認
  • 不慮の停止または開始機能のリリースを防止
  • これらのことを防止するため、エンジンの開始&停止の管理をサポート:
    • 一酸化炭素中毒とバッテリーの消耗
    • 開始&停止機能の意図しない非活性化
  • 自動ハンドブレーキをサポート

 

詳しくは...

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more