BodySense™ 

チャイルドシートの自動エアバッグ作動停止

BodySense™を使用すると、車内の乗員を分類することによりスマートエアバッグの展開をコントロールすることができます。車両の助手席にある静電容量センサーを用いて、座席に乗員がいるかどうかを認識するだけでなく、その人を分類することができます。もし座席のチャイルドシートに子供が座っている場合、または席が空いている場合は、システムはエアバッグを無効にします。大人が座席に座っている場合は、BodySense™は事故の際にエアバッグが展開されることを確実にします。また当社のBodySense™システムは、シートベルトリマインダー機能のため乗員検知を提供します。

BodySense™は、米国国道&交通安全局(NHTSA)連邦自動車安全基準(FMVSS)規制208に準拠した乗員の分類をターゲットとし、 低リスク展開エアバッグに対し完全なソリューションを提供しています。 BodySense™はまた、後向きチャイルドシートに必要な自動エアバッグ無効化のユーロNCAPの要件をカバーしています。

 

 

詳しくは...

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more