当社の歴史A sense for innovation

すべては1989年に始まりました。素晴らしいアイデアを持つ少数の従業員の集まった小さな会社から始まりました。しかし、多くの努力を重ね、また本当に才能のある大勢の献身的な人々のおかげで、私たちはそれ以来長い道のりを歩んできました。

自動車のセンシング・ソリューションの世界有数のサプライヤーの一つとして、我々は常に未来を見見据えていると同時に我々の歴史も誇りに思っています。是非共有させてください。

interlink2 1
  • 1989 – 企業
    Echternach、Luxembourg で、IEEは革新的な電子センサーの開発に着手する

 

HistorySensors
  • 1990 - 直感的センサー
    我々は、簡単に始動し、直感的に使用することが可能な、タッチセンシティブヒューマンマシンインタフェース(HMI)を開発しました。このセンサーを使用することにより、シンプルなタッチを通じて広い範囲の機能へのアクセスが可能になります。

 

PPD-B+W
  • 1991 - 乗員の安全
    座席に人が座っているか検出するセンサーの開発をドイツの自動車メーカーからアプローチされた後、自動車の乗客の安全の為の市場に参入しました。

 

PPD-bw history
  • 1993 - 乗員の存在検出の世界的パイオニア
    我々は世界初の自動車安全センサー、乗客存在検知(PPD)を開始しました。PPDは、助手席に人が乗っているかを検出し、席が空いている場合はエアバッグの展開を無効にすることを可能にしました。目標は、不要にエアバッグやダッシュボードの交換コストがかからないように回避することでした。

 

CPOD-history
  • 1994 - 子どもの安全への移行
    PPDの成功後、我々はチャイルドシート存在及び適応検出(CPOD)を導入しました。このソリューションは、助手席に置かれたチャイルドシートの存在を検出し、その適応性を決定しました。チャイルドシートが検出された場合には、CPODは、エアバッグ制御装置にこの情報を送信しエアバッグの展開を無効にします。

 

OC5%-history
  • 1995 - 乗員の分類に関する世界的パイオニア
    車両の座席が使用されているか監視し、チャイルドシートが使用されていた場合は、エアバッグコントロールユニットに通知を送るという乗員の分類(OC™)の開発を始めました。これにより、乗員のタイプに応じてエアバッグを展開または無効にすることを可能にしました。

 

Capacitive-history
  • 1996 - 静電容量センシング
    静電容量センシング・ソリューションの開発に着手しました。

 

SBR-history
  • 1997 - 別の世界初
    当社はシートベルトリマインダー(SBR)センサーマットを始動しただけでなく、乗員分類と高度なシートベルトリマインダーの世界的先駆者となりました。

 

IEEUSA-history
  • 1997 - グローバル化
    1997年に、初めてルクセンブルクの外である、ミシガン州のオーバーンヒルズにオフィスを設立しました。

 

3DCAMERA-history
  • 2000 - 3Dビジョンセンシング
    我々は、光オフ時間飛行(TOF)原理に基づいて、3D MLIセンサー™技術の開発に着手しました。

 

ieekorea-history
  • 2001 - アジアでの最初のステップ
    韓国のソウルに技術センターを開設しました。

 

Protecto-histrory
  • 2003 - 歩行者に注意する
    2003年に、Protecto™(FastSense)、車両衝突時に歩行者に起こりえる重大な傷害の発生率を減らすことができ、また、早期に衝突検出をサポートするフロントエンドセンシングシステムの開発に着手しました。

 

Opening Langfang history
  • 2006 - グローバル化の継続
    より良いサービスを提供するため、中国、日本、ドイツ、スロバキアにオフィスを開設しました。

 

DPD-history
  • 2007 - ドライバー検出
    先進運転支援システム(ADAS)の場合、運転席に人が座っているか検知することが重要です。そのため、ドライバーの存在検知(DPD)を開発しました。

 

BodySense-history
  • 2008 - 次世代の乗員分類
    PPD と OC™に続き、BodySense™ 、スマートエアバッグ展開のための次世代の乗員分類ソリューションを導入しました。

 

PC1-history
  • 2009 - カウンティングピープルー
    3D MLIセンサー™技術を使用して、特定の領域にいる人数を数え、彼らの移動方向を検知するピープルカウンター(PC)というソリューションを開発しました。

 

PC-history
  • 2010 - オブジェクトの保護
    3D MLIセンサー™技術 - 基となった製品は、彫像や彫刻などの立体物や絵画や文書などののあるすべての種類のオブジェクトを保護するシステム、体積オブジェクトSurveillor(VOS)でした。

 

SenseAhead
  • 2011 -アクティブセーフティセンシングソリューション
    SenseAheadという、車両の走行経路にいる歩行者や車やオブジェクトを検出し、自律緊急ブレーキ(AEB)に重要なインプットを提供するインテリジェントビジョンセンサーを開発しました。

 

TDflex-history
  • 2011 - 共連れ侵入の防止
    3D MLI製品のトリオの最後、テールゲート検出器TDflexは、許可された人々のみが保護された領域に入るよう確保する共連れ防止システムです。

 

Hands-off-history
  • 2012 - 自律走行のためのサポート
    ハンズオフ検出(HOD)は、運転者がハンドルをにぎっているかどうかを車両の高度運転支援システム(ADAS)に通知します。これは、ウィーン条約の下で、運転者は常に車両の制御を維持しなければならないため、このような情報はとても重要とされています。

 

Safeheat-history
  • 2012 - 新しい暖房装置ソリューション
    自動車の所有者にとって快適機能がより重要になっているので、当社はポジティブ温度係数(PTC)抵抗インクを使用してSafeHeatという自己制限暖房システムを開発しました。

 

STO-history
  • 2012 - ハンズフリーアクセス
    2012年に、我々は別の快適機能、スマートトランクオープナー(STO)を導入しました。このソリューションは、車両のトランクまたはスライドドアの安全で自動のハンズフリー開閉を提供します。

 

VitaSense-history
  • 2013 - 置き去りにされた子供の検出
    私たちの次の開発は、車に残された置き去りにされた子供を検出し、車両の警報システムに情報を送信するVitaSenseというシステムでした。

 

NightGuard-history
  • 2014 - インテリジェントビジョンセンシング
    現在は、道路の脇にいるまたは夕暮れ、夜明け、または夜間などに道を横断する歩行者、自転車や動物などを運転手が検知できるよう設計されたナイトビジョンシステムNightGuard を開発しています。

 

AllCircuits-history
  • 2015 - 新しいパートナーの追加
    2015年、新しい提携パートナー、ALL CIRCUITS がIEEファミリーに参加しました。この買収により、IEEグループの一部として電子機器製造サービスにスペシャリストが加わりました。

 

ExteriorParkRadarUltrashort-history
  • 2015 - エクステリアレーダー
    私たちは現在、先進運転支援システム(ADAS)安全機能のための独自のソリューションを提供するエクステリア技術のレーダー・ソリューションを開発しています。

 

We use cookies to ensure the best experience on our website. By accepting you agree the use of cookies.
Learn more